2016参院選 - 22:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 51 24 13 5 7 1 0 0 0 3 17
FNN (フジ系) 51 22 12 5 6 0 0 0 0 3 22
JNN (TBS系) 51 21 13 5 6 1 0 0 0 3 21
NNN (日テレ系) 51 25 13 6 6 1 0 0 0 3 16
TXN (テレ東系) 50 18 12 5 6 0 0 0 0 3 27
NHK 52 24 13 5 6 0 0 0 0 3 18

 一時間は各社横並びだったのだが、NNN、ANN、NHKが抜け出してきた。視聴率競争と同じく、FNNは振り向けばTXN。


 そして、恒例の選挙特番の雑感を書いときます。今回は、ANNとJNNのつまらなさがあまりにひど過ぎます。
 ANNは名古屋のローカルパートも極端につまらないので、もはやNHKの方がマシなレベル。

""
各局選挙特番
ANN (テレ朝系) 選挙STATION 2016 富川 悠太
小川 彩佳
 久米、古館と2代・30年外様がアンカーマンを続けたきた選挙ステーションが初めて、局アナで挑んだ選挙特番。
一言で言えば、「体育会系の脳内筋肉が社会人になって、営業マンとして一生懸命頑張ってます」感でいっぱい。知性のかけらは微塵も感じられませんが、そつなく仕切り続けいます。
FNN (フジ系) FNN参院選 みんなの選挙2016 宮根 誠司
伊藤 利尋
 宮根氏とフジ伊藤アナのコンビ。
 見渡してみると、経験豊富なアナウンサーが仕切っているのは実はFNNのみ。
 テレビ番組としての体裁は一番整っているし、各党党首へのインタビューも、トークの面白さを引き出すという観点ではNo.1。
 しかし、番組の企画が本当につまらないし、なんかお金がかかってない。フジテレビの失墜が選挙特番にも影を落としている模様。
JNN (TBS系) 激突!選挙スタジアム2016 恵 俊彰
膳場 貴子
竹内 明
 前回の衆院選に引き続いて、恵がメイン。
 恵は無難に番組をしているのだが、横の毎日新聞の解説員が極論を語り、なぜか反対側に座る局の記者がケンカ腰でその極論に乗るという気持ち悪い構図。マスコミの権力を振りかざす前時代的な姿は見ていて不愉快。見たことないけど、News23って毎日こんな感じなんだろうか?
 まあ、無個性で淡々と進行されるよりは、なんぼかマシですが。
NNN (日テレ系) ZERO×選挙 2016 村尾 信尚
小正裕佳子
櫻井 翔
 おなじみのZERO×選挙。滑舌は相変わらず悪いものの、仕切りやインタビューは年々それなりになっていく村尾氏の成長を見守るドキュメンタリーとしてそれなりに楽しめる。
 どうでもいいが、基本名古屋・中京テレビでは、ローカル放送で差し替えていたのだが、櫻井翔が出るたびに逐次全国ネットに切り替わる。報道のポリシーよりも視聴率、あるいはクレーム対策という中京テレビのマメさというか、器の小ささに感心しきり。
TXN (テレ東系) TXN衆院選SP 池上彰の参院選ライブ 池上 彰
大江 麻理子
 民放視聴率の最下位を争うFNNが選挙速報の様式美を整えられない中、TXNは池上氏をメインとする体制を定着させた。
 今まで鼻についた、視聴者を見下す姿勢と、それに迎合するわざとらしいゲストのやりとりという演出はわりと影を潜めたものの、今度は局アナがやたらと池上氏をよいしょするという演出が気持ち悪い。
 なんだか近藤真彦を「マッチさん」として無理やり大物扱いするジャニーズを彷彿とさせる。
NHK NHK 衆院選2016 開票速報 武田 真一
松村 正代
高瀬 耕造
上條 倫子
 毎回同じコメントで申し訳ないが、まあ、抜群の安定感ですわ。

コメント