2014衆院選 - 議席予想

 まさか、今年やるとは思わなかった、なんのためにやってるのか分からない勝負の見えている総選挙。
 まあ、良く考えたら、勝負が見えているから今年やるんだけどね。
 個人的には、憲法68条解散説を支持したくなりますが、そんなことはさておき、午後8時の議席予想。

  自民 民主 維新 公明 次世 共産 生活 社民 改革 無他
公示前勢力 293 62 42 31 19 8 5 2 0 17
ANN (テレ朝系) 298 69 37 35 2 21 2 2 0 9
FNN (フジ系) 295 70 38 35 2 21 2 2 0 10
JNN (TBS系) 294 73 37 34 3 20 2 2 0 10
NNN (日テレ系) 294 73 39 33 2 19 3 2 0 10
TXN (テレ東系) 303 69 34 34 2 19 2 2 0 10
NHK(中間値) 290.5 74 39 33 4 21 2.5 2 0 0


 まあ、公示前ともほぼ変わらずで、各局横並び。
 気になるのは、テレビ東京だけが自民の300議席声を予想。
 あとは、TBSだけが、次世代の3議席確保を予想。このあたりが唯一の見どころか?

 ちなみに、各テレビ局の議席予想(NHKは中間値を使用)のうち、最も少ない議席を最低獲得議席とすると、下記のよう。
 もはや、円グラフの意味が無い感じ。
 次回は、最初の当確数の一覧。まあ、小選挙区はほぼ全て当確が出ちゃいそうだけどね。


 議席の推移、何も変わらず。
 ホント、今回の選挙って、何のためにやったんだろうね。

コメント

  1. TBSは今回、関口宏なし、堀尾なしで目玉ゲストが恵という低予算ぶりですから
    もしかしたら予算を調査にぶちこんだのかもしれませんね(笑
    日テレはジャニーズタレント2人で政治に興味ないライト層狙いでしょうか
    引き続き頑張ってください!

    返信削除
  2. TBSはひどいね。日テレの櫻井くんはともかく、小山君を外回りという使い方は結構斬新かも

    返信削除

コメントを投稿