2005衆院選 - 25:30

 午前1時半、よくよく当確者数を見てみると、開票開始時の予想に反して自民単独で300議席を超えることはなさそうです。ま、圧勝には変わりないですけどね。



各局別当確議席数一覧
 自民公明民主共産社民国民日本無他
選挙前 212 34 177 9 5 4 3 33
ANN (テレ朝系) 293 29 113 9 6 3 1 19 7
FNN (フジ系) 290 30 109 7 5 3 1 19 16
JNN (TBS系) 288 28 106 7 5 2 1 19 24
NNN (日テレ系) 287 28 107 7 4 2 1 19 25
TXN (テレ東系) 288 28 107 7 4 2 1 18 25
NHK 291 30 110 7 5 3 1 19 14



 当確もいよいよ終盤。テレビ朝日は、7議席を残すのみに、そしてついに日本テレビはテレビ東京に追いつかれました。
 今回の各局別の当確数の推移をグラフにしてみると、こんな感じです。テレビ朝日の圧倒的なスピードと、NHKの意外な健闘が目立ちますね。

 ちなみに、TBSと日本テレビが当確を打ち間違えたみたいです。
 東京比例区の共産党名簿1位望月康子さんに当確を打ったのですが、重複立候補している小選挙区の得票数が10%に届かず、規定により落選。
 この10%なんだけど、候補者4人の得票数の合計の10%には、28票上回っているので、ごくわずかの無効票に阻まれ落選という珍しい結果になりましたね。
 TBSと日テレ、党派別議席数を間違ったわけではないですが、もう少し慎重になっていれば防げたミスだけに、これは痛いね。
 あと、自民の議席はごくわずか300に届かないかもしれません。事前の予測が軒並み300を超えていただけに、ちょっと意外ですな。
 実はこの傾向、前回の衆院選のときにもあって、各局民主の圧勝を予想したにもかかわらず、最後は意外と伸びなかった。
 どうも、出口調査ってのは、勝ち組をより強く予想してしまう傾向があるみたいだね。これが小選挙区の予想の難しさなのかな?
 次回は、3時ごろ、残ったわずかな議席の展望を眺めます。

コメント