IT Penguin

2016/07/11

2016参院選 - 全議席確定

  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
非改選議席 65 17 11 8 5 1 1 3 0 10
改選議席 50 45 9 3 2 2 2 0 2 5
ANN (テレ朝系) 58 30 14 6 8 1 0 0 0 4
FNN (フジ系) 58 29 14 6 8 1 0 0 0 5
JNN (TBS系) 57 30 14 7 8 1 0 0 0 4
NNN (日テレ系) 59 29 14 6 8 1 0 0 0 4
TXN (テレ東系) 58 29 14 6 7 1 0 0 0 6
NHK 54-61 26-32 13-15 5-8 6-9 0-1 0-1 0 0 3-5
結果 56 32 14 6 7 1 1 0 0 4

 いや、時間かかった。最後の比例の1議席(生活が獲得)が決まったのが6時を回ってから。
 各局、翌日の通常放送が始まってから、議席が確定したので、最後、いつ当確が出たのかわからずじまい。
 かれこれ10年以上、選挙速報ウオッチを続けているが、こんなことは前代未聞。

 で、議席予想だが、自民と明進をそれぞれ、数議席読み間違えて、各局微妙な結果。何より、どの局も生活の議席獲得を予想できなかったのが痛恨。後方からの追い上げで最後の最後に差し切られた感じ。


 とりあえず、恒例の各局当確速度を見てみるが、27:30の時点でANNが残り1議席まで辿り着き、その後、2時間かけて各局が残り1議席に追いつく。この時点で29:30。各局通常の放送体制に移行。
 そして、29:50頃、ようやくANNが全議席を確定(ただし、Web上)。そして、唯一、速報を続けていたNHKが当確情報を出したのが、30:07。この頃、他の各局でも、最後の1議席を生活の議席として当確。
 いや、現行制度ではおそらく最長の恐ろしく、長い一日でした。

 そして、獲得議席数の推移。自民と公明が着実に勢力を伸ばしている。



 ただ、獲得議席数を見ると、実は前回の参院選よりも自民は議席数を減らし、それを横目に公明が過去最高の議席数を獲得している。
 特に、前回の2014年は、民主の奇跡的な自滅で自公に大量に票が転がり込んできたのだが、公明に関してはその時以上の議席を獲得している。学会恐るべし。
 一方、民進は最悪期を脱した模様だが、全盛期には遠く及ばない議席数。政権交代可能な与党という存在にはなれそうになく、55年体制が完全復活したイメージ。良いことなのか、悪いことなのかはわからんが、結局、日本的民主主義の形はこれなのだろう。


 一方、衆参を通した比例の獲得議席数の遷移を見てみると、2013年以降は、自公の獲得議席に殆ど変化はない。
 じゃあ、何が変わったかというと、実はいわゆる"第3極"が崩壊している。2009年以降、みんなの党、日本維新の会が一定数の議席を確保していたのだが、2014年の総選挙後に相次いで崩壊。
 どうやら、一時第3極に流れていた有権者が民進に戻ってきたのが今回の選挙結果のように見える。


 最後に、なぜ今回こんなに全議席確定が遅れたのかと言うと、比例最後の一議席がまれに見るデッドヒートだったため。
 比例はドント方式(整数倍で獲得票数を割っていき、その結果の数が多い順に議席を獲得する)で議席を配分するのだが、最後に争った維新の5議席目(獲得票数の5分の1)と生活の1議席目(同1分の1)の票差が僅かに3万7千票ほど。
 しかも、午後5時半の段階では、この差は逆転していた。
 生活はなぜか圧倒的に東京都で強いのだが、東京は有権者数の多さから、開票が一番遅い。よって、明け方になって東京の開票が進むに連れ、どんどん得票数を伸ばし、ついに維新を逆転し、最後の1議席を手に入れた。
 生活という得体の知れない党の票の読みにくさが、今回の遅れの原因だったと言えそう。

 そんなわけでまた次回。早ければ今年か来年の衆院選で。

2016参院選 - 26:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 56 32 13 6 7 1 0 0 0 4 2
FNN (フジ系) 55 31 13 6 7 1 0 0 0 4 4
JNN (TBS系) 53 30 13 5 7 1 0 0 0 5 7
NNN (日テレ系) 54 31 13 6 7 1 0 0 0 5 4
TXN (テレ東系) 51 24 13 5 6 0 0 0 0 3 19
NHK 53 31 13 6 7 1 0 0 0 5 5

 比例の開票が進まないので、もう一回開票状況を載せときます。
 この1時間で2議席決まっただけなので、残りはいつまでかかることやら。
 民放で最後まで選挙特番を続けていたJNNもこの時間で中継終了。一時は各局恒例だった、深夜の各会派の討論会も今や昔。これもまた、政権交代に現実味のなくなった55年体制復活の証ですかね。
 なお、残りの比例の2議席は、現在の開票状況では、公明、維新、自民、民進の順で獲得が優勢の見込み。ということは、共産、社民の議席はほぼ確定。
 また、なお、神奈川選挙区で追加公認された中川氏に関しては、テレビ局によって対応が割れています(ANN、FNNは自民に加算、他は無所属)が、各局のテロップ通りに記載しています。


 最後に、各局の当確速度のグラフ。
 いつも通りANNが早いのは良いとして、何故JNNがここまで失速したのかが謎。深夜手当をケチってるのかいな???

2016参院選 - 25:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 55 31 13 6 7 1 0 0 0 4 4
FNN (フジ系) 54 31 13 6 7 1 0 0 0 4 5
JNN (TBS系) 52 29 13 5 6 1 0 0 0 5 10
NNN (日テレ系) 53 31 13 6 7 1 0 0 0 5 5
TXN (テレ東系) 51 24 13 5 6 0 0 0 0 3 19
NHK 53 31 13 5 7 1 0 0 0 5 6



 残りの比例5議席になってから、1時間1議席しか当確が進んでいません。
 ここから先は長くなりそうですので、次は全議席確定後に。


2016参院選 - 24:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 54 31 13 6 7 1 0 0 0 4 5
FNN (フジ系) 53 28 13 5 7 1 0 0 0 4 10
JNN (TBS系) 52 28 13 5 6 1 0 0 0 4 12
NNN (日テレ系) 53 30 13 6 7 1 0 0 0 4 7
TXN (テレ東系) 51 24 13 5 6 0 0 0 0 3 19
NHK 53 31 13 5 6 1 0 0 0 5 7

 ここで、例年通りTXNが中途半端に選挙速報を投げ出す。前回は次のスポーツニュース番組でもL字画面で選挙速報を続けたが今回はなし。系列の日経新聞では速報を続けているのでなんで投げ出すんだか...。せめてBSジャパンで中継はできないのだろうか? これをやめない限り、俺はTXNの選挙速報は認めない。
 さらに、今回は、ANNまでもが中継を投げ出す始末(こっちは、もちろんL字型画面の中継は継続)。どうやら、この後でサッカーのEUROの中継があるためらしいのだが、別にサッカーの中継を始めるわけではなく、その番宣。これは、この30年間、報道を局のメインに据えてきたテレビ朝日の歴史的転換点なのかもしれない。
 そしてもう一つ、どうやら議席予測よりも民進党が善戦しており、この時点で当確数が予想数を上回った。そのあおりで、どうやら自民は単独過半数には届かない模様。

2016/07/10

2016参院選 - 23:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 53 28 13 6 7 1 0 0 0 3 10
FNN (フジ系) 52 26 13 5 6 0 0 0 0 3 16
JNN (TBS系) 51 25 13 5 6 1 0 0 0 3 17
NNN (日テレ系) 52 26 13 6 7 1 0 0 0 3 13
TXN (テレ東系) 51 24 13 5 6 0 0 0 0 3 19
NHK 52 27 13 5 6 0 0 0 0 4 14

 やっと絶対王者ANNが底力を発揮し当確数でリード。
 しかし、ここまで全くの議席予想通りの議席数で推移しているね。

2016参院選 - 22:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 51 24 13 5 7 1 0 0 0 3 17
FNN (フジ系) 51 22 12 5 6 0 0 0 0 3 22
JNN (TBS系) 51 21 13 5 6 1 0 0 0 3 21
NNN (日テレ系) 51 25 13 6 6 1 0 0 0 3 16
TXN (テレ東系) 50 18 12 5 6 0 0 0 0 3 27
NHK 52 24 13 5 6 0 0 0 0 3 18

 一時間は各社横並びだったのだが、NNN、ANN、NHKが抜け出してきた。視聴率競争と同じく、FNNは振り向けばTXN。


 そして、恒例の選挙特番の雑感を書いときます。今回は、ANNとJNNのつまらなさがあまりにひど過ぎます。
 ANNは名古屋のローカルパートも極端につまらないので、もはやNHKの方がマシなレベル。

""
各局選挙特番
ANN (テレ朝系) 選挙STATION 2014 富川 悠太
小川 彩佳
 久米、古館と2代・30年外様がアンカーマンを続けたきた選挙ステーションが初めて、局アナで挑んだ選挙特番。
一言で言えば、「体育会系の脳内筋肉が社会人になって、営業マンとして一生懸命頑張ってます」感でいっぱい。知性のかけらは微塵も感じられませんが、そつなく仕切り続けいます。
FNN (フジ系) FNN参院選2014 THE SENKYO ~ニッポンをしゃべり倒す!~ 宮根 誠司
伊藤 利尋
 宮根氏とフジ伊藤アナのコンビ。
 見渡してみると、経験豊富なアナウンサーが仕切っているのは実はFNNのみ。
 テレビ番組としての体裁は一番整っているし、各党党首へのインタビューも、トークの面白さを引き出すという観点ではNo.1。
 しかし、番組の企画が本当につまらないし、なんかお金がかかってない。フジテレビの失墜が選挙特番にも影を落としている模様。
JNN (TBS系) 乱! 総選挙2014 恵 俊彰
膳場 貴子
竹内 明
 前回の衆院選に引き続いて、恵がメイン。
 恵は無難に番組をしているのだが、横の毎日新聞の解説員が極論を語り、なぜか反対側に座る局の記者がケンカ腰でその極論に乗るという気持ち悪い構図。マスコミの権力を振りかざす前時代的な姿は見ていて不愉快。見たことないけど、News23って毎日こんな感じなんだろうか?
 まあ、無個性で淡々と進行されるよりは、なんぼかマシですが。
NNN (日テレ系) ZERO×選挙 2016 村尾 信尚
小正裕佳子
櫻井 翔
 おなじみのZERO×選挙。滑舌は相変わらず悪いものの、仕切りやインタビューは年々それなりになっていく村尾氏の成長を見守るドキュメンタリーとしてそれなりに楽しめる。
 どうでもいいが、基本名古屋・中京テレビでは、ローカル放送で差し替えていたのだが、櫻井翔が出るたびに逐次全国ネットに切り替わる。報道のポリシーよりも視聴率、あるいはクレーム対策という中京テレビのマメさというか、器の小ささに感心しきり。
TXN (テレ東系) TXN衆院選SP 池上彰の衆院選ライブ 池上 彰
大江 麻理子
 民放視聴率の最下位を争うFNNが選挙速報の様式美を整えられない中、TXNは池上氏をメインとする体制を定着させた。
 今まで鼻についた、視聴者を見下す姿勢と、それに迎合するわざとらしいゲストのやりとりという演出はわりと影を潜めたものの、今度は局アナがやたらと池上氏をよいしょするという演出が気持ち悪い。
 なんだか近藤真彦を「マッチさん」として無理やり大物扱いするジャニーズを彷彿とさせる。
NHK NHK 衆院選2014 開票速報 武田 真一
松村 正代
高瀬 耕造
上條 倫子
 毎回同じコメントで申し訳ないが、まあ、抜群の安定感ですわ。

2016参院選 - 21:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 49 20 9 4 7 1 0 0 0 3 28
FNN (フジ系) 47 21 11 5 6 0 0 0 0 3 28
JNN (TBS系) 49 19 11 5 5 1 0 0 0 3 28
NNN (日テレ系) 48 20 10 6 6 1 0 0 0 3 27
TXN (テレ東系) 49 17 10 5 5 0 0 0 0 3 32
NHK 49 20 12 5 5 0 0 0 0 3 27

 ここにきて、当確数がTXN以外、完全に横並び。この時間に横に並ぶのは結構レアかも。
 あれかね、各社予算不足で情報が足りないのかね??


 グラフにするとNNNとNHKが少し抜け出て、TXNがおいて行かれている格好。しかし、FNNは視聴率だけでなく選挙速報でも全く元気ないねぇ。

 各局の選挙特番の感想を書きたいんだけど、名古屋ではTXN以外、ほぼローカル放送で全く各局の様子がわからんのよね。特に、JNNの全国版は全く映らず、恵の姿は未だに一度も目にしていないです。(幸い、今回一番興味がJNNなんだけどね)

2016参院選 - 20:30

各局別当確議席数一覧
  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
ANN (テレ朝系) 49 20 9 4 7 1 0 0 0 3 28
FNN (フジ系) 47 19 10 5 6 0 0 0 0 3 31
JNN (TBS系) 49 17 10 5 5 1 0 0 0 3 31
NNN (日テレ系) 48 18 9 6 6 1 0 0 0 3 30
TXN (テレ東系) 49 17 10 5 5 0 0 0 0 3 32
NHK 48 20 11 5 5 0 0 0 0 3 29


 さて、当確情報ですが、参院選ということもあり、各社ほぼ横並び。
 一応、ANNが先頭を切っているが、鼻の差。


 各局の政党別の当確議席数のうち最大数を確定議席として議席とすると上記のグラフ。
 早くも4分の3が確定した模様。

2016参院選 - 議席予想

 ということで、3年に一度の参院選。
 21世紀も20年近く過ぎようというのに、どういうわけか自民党と烏合の衆という55年体制が復活し、選挙自体が全く無意味になりつつありますが、それでも選挙特番は続くので、今年もウオッチしていきます。
 まずは、議席予想。

  自民 民進 公明 共産 お維新 社民 生活 こころ 改革 無他
公示前勢力 115 62 20 11 7 3 3 3 2 15
非改選議席 65 17 11 8 5 1 1 3 0 10
改選議席 50 45 9 3 2 2 2 0 2 5
ANN (テレ朝系) 58 30 14 6 8 1 0 0 0 4
FNN (フジ系) 58 29 14 6 8 1 0 0 0 5
JNN (TBS系) 57 30 14 7 8 1 0 0 0 4
NNN (日テレ系) 59 29 14 6 8 1 0 0 0 4
TXN (テレ東系) 58 29 14 6 7 1 0 0 0 6
NHK 54-61 26-32 13-15 5-8 6-9 0-1 0-1 0 0 3-5

 事前の予想通り自民単独過半数の勢い。
 民進は議席激減も、前回の参院選からは倍増近い勢い、意外と善戦しているとも言いえますな。

 グラフで見ると、各社横並び。
 自民の議席でみると、JNNが1議席少なく、NNNが1議席多い。ちなみにJNNはその分共産の議席が他より1議席が必要。
 民進の議席は、ANNとJNNが1議席他より多い。この分、無所属が1議席少ない予想。
 まあ、誤差ですがね...。


 各局の政党別予想議席数のうち一番少ない数をとったグラフが上のグラフ。
 自民単独では過半数には届かないが、まあ安泰といった感じ。

2014/12/15

このサイトについて

 このサイトは、衆院選(衆議院総選挙)、参院選の実施時に、民放各局およびNHKで放送される選挙特番で発表されたデータを個人的に記録・収集しています。

<記録しているデータ>
  • 午後8時に発表される議席予想
  • 午後8時以降順次発表される当確者数の定時観測
  • 選挙特番の雑感
  • 選挙の最終結果
 これらのデータから、どこの局の議席予測の精度が高いか、どこの局の当確情報が速いかなどがわかります。
 なお、2007年の参院選以前のデータは、筆者の別ブログ可もナシズム、不可もナシズムに”選挙ナシズム”として掲載していたもののコピーです。



国政選挙 選挙特番の記録
議席
予想
当確者数の推移最終
結果
20:3021:3022:3023:3024:3025:3026:30
第24回参院選
(2016/7/10)
自民現状維持、野党は第3極の崩壊で民進、共産が漁夫の利
第47回総選挙
(2014/12/14)
- 自民党の勝手に中間選挙で、現状維持
第23回参院選
(2013/7/21)
- 自民ねじれ解消
第46回総選挙
(2012/12/16)
-自民政権奪回
第22回参議院
(2010/7/11)
-民主過半数割れ
第45回総選挙
(2009/8/30)
- 民主政権奪取。
自民前職279名 サバイバルリスト
第21回参院選
(2007/7/28)
- 自民、歴史的大敗
第44回総選挙
(2005/9/11)
郵政解散
造反組VS刺客
第20回参院選
(2004/7/11)
民主躍進、自民惜敗